抜毛症≪トリコチロマニア≫でお悩みの方へ

髪の毛やムダ毛というのはついつい触ってしまったり、自分で処理したりとして少ない人が何らかの形で悩んでいるものだと思います。

 

その髪の毛や体毛に関するトラブルとしてあるのが、今回紹介する抜毛症というものです。この抜毛症は主に頭髪などに起こるトラブルであり、知らず知らずのうちに髪の毛のかきむしったり抜いてしまうという症状です。

 

意識的というよりかは無意識のうちにやってしまう症状であり、精神的な原因を解決しないといけないケースも多いです。この抜毛症に関しては女性の割合が男性よりも圧倒的に数が多く、また10代前後の思春期の女子などによく見られるそうです。

 

最近では成人女性などもこちらに掛かることが分かってきましたが、特殊なケースとして男性がヒゲをこの抜毛症のターゲットとして、抜くのをやめられないといったケースがあります。

 

自分では、全く気付かないまま、毛を抜き続けてしまうこと多く、その事を家族などが注意し、温かく見守ってあげる事で、症状を和らげる事は可能だと言われています。

 

抜毛症は発症した人のデータを見てみるとほとんどが、長男、長女や一人っ子といった第一子が多いようです。

 

最初に産まれた子は、お姉ちゃんお兄ちゃんとして、扱われるので、しっかりしなければならいという気持ちもあり、まじめで誠実な性格の人が多く、責任感があるので、ストレスに弱い傾向にあります。

 

抜毛症はだいたい20代までの若い年代に発症します。

日常生活に何らかの困難があったり、家庭や学校での生活が嫌で心理的にストレスになっている場合が多く、抜毛症になってしまう多くの方は、大きな不安にかられます。

 

そして、その不安に対処しようと、髪の毛を抜いてしまうのです。

 

髪を抜くという行為をすることによって、一時的には気持ちが楽になり、再び不安に襲われたら、また髪の毛を抜くという行為をしてしまうのです。
ですから不安によるストレスを感じたら髪の毛を抜く行為によって、気持ちが楽になるので、その行為をやめたくてもやめられなくなってしまい、徐々にエスカレートしてししまっているのです。

 

自分で髪の毛を抜き続ける行為をやめるのは困難ですので、専門家を受診して治療を行うことをおススメします。

 

具体的な治療法は

個々の病態によりますが、薬物療法を行います。また、髪の毛を抜く癖の原点にある何らかの原因の心理的問題につきましては、心療療法によって治療していきます。

 

髪の毛を抜き続ければ当然頭皮は荒れて炎症をおこしてしまいます。

 

そういった場合は、皮膚科にも行くと良いでしょう。

抜毛症の多くは若い人が発症する!

脱毛症の一つとして挙げられる抜毛症。この症状は、小学生ぐらい年齢でいうと10歳前後の子供に多くみられました。しかし、現在 20〜30代の特に女性に多く見られる傾向にあります。 抜毛症でお悩みの方は病気をことをしかっりと理解をしたうえで対処をしていきましょう。それでは、一緒に勉強をしていきましょう。

 

抜毛症とは正常に生えている髪の毛を自分で引き抜いてしまう精神疾患です。頭髪だけでなく眉毛、まつ毛なども抜いてしまいます。抜け毛や円形脱毛症は毛髪が自然に抜けていきますので、抜毛症とは違います。ストレスやイライラなど精神的負担がかかると衝動的に抜毛してしまうようです。無意識で髪の毛や眉毛など抜いていることもあります。

 

特に小さいお子さんや若い女性に多い症状です。両親が子供の頭髪が薄くなっているのに気付き、円形脱毛症と間違えられやすいですが、自分で抜いているとは言えないこともあるようですので注意が必要です。止めたいと思っていても止められない心の病気ですので、できるだけ早期に精神科の受診をして不安やストレスを取り除いていくことも必要です。

 

子どもの場合

保護者や周囲の人が注意して観察し、その原因について解決することが治療となります。 子供の場合も心理的・精神的ストレスがかかっているということが一番の原因なので心理カウンセリングや精神神経科での治療が必要となります。

 

抜け毛症になる子供の多くは、学校や家庭の人間関係で悩みを抱えていおり、特に内向的でおとなしい性格の子供に多いようです。 子どもの抜け毛症の治療としては、心理的なストレスをなくしてあげる、家族や周りの人たちが理解し配慮してあげることが第一の治療法になります。